高血圧が齎す病|改善するだけで未来が変わる

ウーマン

血管の異常と食事

食事する男女

高血圧は動脈硬化を引き起こして様々な疾患に繋がるため、改善には原因となる塩分をカットした食事が必要です。外食では味の濃いメニューが多く、塩分を摂りがちです。一緒に食べる人と食事をシェアしたり事前に少なめの病食を取ることで、塩分の摂りすぎを避けられます。

もっと読む

減塩対策と家族の負担

ご飯

原因の塩分を控える

健康診断で高血圧と診断された人は、生活習慣を見直さなければいけません。その一つに食事の改善です。高血圧になる原因はいくつもあります。その中でも大きな割合を占めていると考えられているのが塩分の過剰摂取です。体内の塩分濃度を調節しようと水を多く貯め込んでしまいます。それが高血圧となるわけです。そのため、食事の改善の第一の目的は減塩です。もちろんただ単に塩分を減らしただけでは料理が味気なくなります。減らした塩分の代わりに様々な香辛料やお酢やダシなどで補う必要があります。毎日の食事でストレスを抱えてしまうのも問題であるため、味付けも大切だからです。なぜならば、ストレスも高血圧の原因の一つとされています。

宅配サービスが便利

ただし、食事の改善はそう簡単に出来るものではありません。調理の手間も増えるため、共稼ぎや一人暮らしの家庭では難しいのが現状となっています。そこで人気になってるのが高血圧の方のためのお弁当の宅配サービスです。管理栄養士の元で制限内での塩分にしています。しかし、ダシや香辛料を上手に利用しているため味付けもしっかりとしています。そのため、高血圧の人も安心して食べることができるわけです。宅配サービスであるため、買い物に行く手間すら省けてしまいます。しかも、全国的に提供していることが多いため、価格も決して高くありません。この宅配サービスを活用することで、手間をかけることなく食事の改善をすることができます。

現代社会と炭水化物のこと

和食

現代社会の料理では濃い味付けで占められています。高血圧を改善するためには、薄味に慣れていく必要があります。専用の宅配サービスのお弁当でオカズのみが多いです。炭水化物ではご飯にほとんど塩分が含まれてないのでお勧めです。

もっと読む

塩分を控える

食事

高血圧を改善するには1日に摂取する塩の量を減らす必要があります。高血圧の人は濃い味付けを好む傾向があるので、お酢やハーブなどの調味料で味の薄さをカバーする必要があります。塩分計算が面倒な場合には塩分を抑えた食事の宅配を利用することもできます。1食に含まれる塩分が2g以下で味も良いので満足できます。

もっと読む