高血圧が齎す病|改善するだけで未来が変わる

レディー

塩分を控える

食事

1日6g以下が望ましい

高血圧を改善するために必ずしなくてはならないのが、1日に摂取する塩分量を減らすことです。日本食は醤油や味噌など塩分濃度の高い調味料を使うことから、日本人の塩分摂取量は世界的にみて高い状態です。高血圧を改善するためには1日に摂る塩分を6g以下に抑えるのが望ましいとされていますが、その為には様々な工夫が必要です。ある県は以前は塩分摂取量が多い県で高血圧や様々な生活習慣病にかかる人が多かったのですが、味噌汁の塩分濃度を検査したり塩を余り使わない調理方法を周知することで高血圧の人を減らしました。高血圧を改善するためには毎日の食事を見直し、塩分を減らすことが必要です。またカリウムが含まれている食材は体の中の塩分を排出する働きがあるので、高血圧改善に効果的です。

薄味でも満足できるように

具体的に塩分濃度を減らすためには調味料の使用を控える必要があります。味噌汁などは野菜を沢山入れてうまみ成分を増やすことで、味の薄さをカバーすることができます。また食卓に置いてある醤油入れなどをスプレータイプのものに変えるのも塩分摂取量を減らすのに効果的です。高血圧になる人は濃い味付けを好む人が多いため、薄味だと物足りなさを感じるという人も少なくありません。お酢やハーブなど塩の入っていない調味料を上手に使うことも大切です。毎日の食事作りが大変な場合には、塩分を抑えた食事の宅配を利用することもできます。1食の塩分量が2g以下に抑えてあるものが多いので、塩分計算せずに食事ができます。また薄味なのに満足できる味付けがしてあり、食事の度に味が薄いと不満を感じることもありません。