高血圧が齎す病|改善するだけで未来が変わる

レディー

現代社会と炭水化物のこと

和食

現代社会の味付け

高血圧と診断された人は食事の改善として減塩を余儀なくされます。薄味になるため苦労される方が多いです。しかし、そもそも現代社会は濃い味に慣れている傾向にあります。濃い味のほうが満足感を得やすいため、食品メーカーや外食産業は消費者に気に入られようと塩分を濃くしてしまうわけです。日本国民の大半は塩分の過剰摂取だと言われています。それが次第に家庭の料理の味付けまで影響していまいます。塩味の嗜好は他の味と違って、習慣に左右されるものです。そのため、高血圧による食事の改善も一度慣れてしまえば苦になることもありません。ダシや香辛料などを利用しながら塩分の少ない食事に慣れれば、高血圧も次第に元に戻るはずです。

炭水化物はご飯が一番

高血圧の方のための料理を宅配してくれるサービスがあります。その多くはオカズのみでご飯はついていません。ご飯は家庭で炊くことができるからです。そこで注意してもらいたいのがご飯の代わりに別の炭水化物を摂ろうとすることです。よく食べられている炭水化物として、食パンやうどんなどがあります。しかし、どちらも塩分が含まれています。減塩を目的とした食事の改善なのに、余分な塩分を摂取しては意味がありません。一方、ご飯のなかにはほとんど塩分が含まれていません。宅配サービスもご飯を主食として献立を立てられているため、可能の限り白米を食べることが大切です。そうすることでより効果的に高血圧の改善ができるようになります。