高血圧が齎す病|改善するだけで未来が変わる

レディー

血管の異常と食事

食事する男女

理想の食事

高血圧は肥満や精神的ストレスによって引き起こされる症状で、動脈硬化の原因になります。動脈硬化は血管の質を下げ、血栓ができて脳卒中や心疾患など命に関わる病を引き起こします。そのため、高血圧の改善は様々な疾患の予防に必須であると言えます。血圧の改善には病食というサービスが活用されることが増えています。一般的に食事の改善が必要なイメージが強い高血圧ですが、特に塩分に注目する必要があります。塩分は高血圧の最も大きな原因となり、日本の食事には塩分が多いことが分かっています。漬物など、健康的に見えても塩分を多く含んでいるメニューが多くあります。しかし、減塩食を毎回用意するのは材料や栄養・成分に常に気を使う必要があるため困難です。このような事情を背景に、プロの視点から塩分を極力カットし、手軽に食べることのできる病食が人気を集めています。

外食の工夫

外食では塩分の高い料理を食べることが非常に多く、高血圧の方は注意が必要です。しかし、完全に外食をやめてしまうことはかえってストレスの増大に繋がり、高血圧を悪化させることがあります。高血圧の改善のためには、外食の際もメニューに気をつけることが大切です。まず注意したいのが、漬物や味付けの濃いメニューを一人で食べるのを避けるということです。これらは塩分が非常に多い料理で、さらに醤油などの調味料をかけることでより塩分が増加します。しかし、絶対に塩分の多いメニューを頼んではいけないというわけではなく、家族などと一緒に外食してシェアすることが大切です。一つのメニューを一緒に分けて食べることで自然と塩分の量を減らすことができ、好きなものを食べつつ高血圧への対策が可能です。また、外食の前に少なめの病食を取ることで外食での食事量を減らすことができ、高血圧対策に繋がります。